特定調停のメリット・デメリットとは

「特定調停」とは、借金の返済が難しくなっている債務者が自ら簡易裁判所に申し立てることで行える、債務整理のことです。申し立て後は裁判所が仲裁し債務者と債権者の話し合い返済条件の変更等が行われるなど、債務者の生活を立て直すための制度となっています。

 

特定調停は、他の債務整理方法に比べいくつかのメリットがあります。まず大きな利点としては「自分だけで行える」という点です。弁護士に依頼する必要はなく、手続き等は裁判所書記官から教えてもらうことができるため、法的手続きに詳しくない方でも十分申立てを行うことが可能となっています。弁護士費用が掛からないため、手続きに付帯する費用を安く抑えることができます。裁判所の仲介があるため自身で直接債務者と交渉をする必要はなく、スムーズに話が進みやすいという特徴もあります。

 

特定調停は誰でも申し立てができる手続きです。資格に制限はなく、官報への記載もありません。また借金の理由が問われることもなく、たとえ借金の理由がギャンブルや交遊費などであっても利用できます。さらに将来的に「支払いが難しくなる恐れがある」段階であれば利用でき、申し立て時点で「支払い不能状態」である必要はないため他の債務整理方法に比べより早い段階で利用できる手続きです。

 

一方で、デメリットも多くあります。自分で手続きを行う必要があるため、非常に煩雑な書類作成をする必要があります。また任意整理であれば、速やかに債権者からの催促を止めることが可能ですが、特定調停では申し立てただけでは催促は止められず、申し立て手続きの完了を待つことが必要です。また特定調停を行ったからといって必ずしも借金が減額されるとは限らず、調停が不調に終わり自身に不利な結果となることもあります。