特定調停にはどのような特徴があるか

特定調停には固有のメリットがありますが、デメリットも多いので特徴を理解して減額効果の近い任意整理とどちらが良いのか検討する必要があります。

 

特定調停のメリットに費用の安さが挙げられ、1社当たり印紙代で500円です。借金の返済ができない状況では手続きの費用を用意するのが困難なので利用しやすくなります。また、民事執行停止の申し立てを行えば強制執行を停止できるので、銀行口座を差し押さえられている場合に有効な手段です。

 

特定調停のデメリットは減額効果が小さいことであり、法定金利を超えた借り入れをしていない場合には減額できません。もし過払い金が発生しており、残債を上回っていても返還請求ができないので注意が必要です。交渉が成立するまでに時間がかかり、任意整理ではこのときの遅延損害金はカットできますが、特定調停は債権者ごとに対応が異なっており、遅延損害金や将来発生する利息をカットできない場合もあり、費用が安くても結果的に損することもあります。そもそも交渉が成立しないことが多いことも問題であり、利用件数は減少傾向にあります。

 

簡易裁判所が債権者と債務者を仲裁して返済の負担を軽減する合意を取り付ける制度なので、基本的に自分が裁判所に出廷するので手間もかかります。申し立て書類の作成や連絡も自分で行う必要があるので面倒です。

 

特定調停は成立すると調停調書が作成されるので、債権者はこれを使って強制執行を容易に行えるようになります。返済できるのであれば良いですが、その見込みがないのに利用すると後で大きな問題になります。

 

調停委員が専門的な知識を持っていない場合もあり、債務者に不利な条件で調停が成立して不満を持つケースも少なくありません。様々なデメリットのある制度なので、利用するべきか弁護士などの専門家に相談して決めましょう。