債務整理で借金を減額しました

私は複数の消費者金融業者から多額の借金があり困っていました。債務整理をすると事故情報が信用情報機関に登録されます。事故情報が信用情報機関に登録されると5年から10年にわたって新規の借入ができなくなります。

なるべく自力で返済した方が理想的です。最初は私もおまとめローンを利用して返済しようと考えたのですが、債務額が多く現実的に返済するのが困難でした。私には一定の収入があったので、ある程度債務を減らすことができれば返済が全く不可能というわけではありません。そこで弁護士の先生に相談したところ、まず任意整理を行うのが合理的と教わりました。

任意整理は債権者と債務者が私的な協議を行い債務を減額する手続です。債務整理には他にも特定調停と民事再生、自己破産があります。自己破産をすれば基本的に全財産を処分しますが債務全額の免除を受けることができます。民事再生は5000万円以下の住宅ローン以外に適用されます。

特定調停も任意整理と同様に当事者間の協議ですが裁判所の介入を受けます。私の場合は任意整理で債務を減額してもらうことができたので、その他の手続に移行せずに済みました。現在は計画的に債務を返済しているところです。

https://パチンコ借金ナビ.jp/

借金を債務整理で処理したこと

銀行のカードローンを別の銀行のカードローンで返済するようになって、行き詰まってしまったことがあります。こうなってはどうにもならないと思ったので、お金もないことですし法テラスに電話して、相談をしてみることにしました。

法テラスでは、予約が一杯でだいぶ先までなかなか相談には応じられないとのことです。それでもよければ債務整理の相談ということで対応しますが、と言われました。ただ、その間も日割でどんどん借金が増えていくことに焦りを覚えていくことは間違いが無いと思え、別の相談先がないかどうか聞いて次第です。

すると定職を持っているということで、弁護士会の無料相談窓口に聞いてみたらどうかと言われました。無料相談は毎日はやっていませんが、定期的に開催しているみたいです。そこで電話で予約を取って弁護士に相談をしてみることになりました。

借金の理由と総額及び借入先の件数を聞かれ、個人版民事再生での対応が良いだろうとのことです。別の弁護士に依頼し直すのも骨だと思い、話しを聞いてくれた弁護士にそのまま依頼をすることにしました。

その後、裁判所への提出書類の作成をしたりして裁判官への説明を行い、民事再生許可が下りて3年間での返済が終了し、無事借金生活とおさらばすることになって、ほっとしています。

債務整理のまとめ※借金に悩んでいなかった生活を取り戻そう

債務整理をして楽になりました

私は平成26年の夏に任意整理という債務整理を弁護士と一緒に行なったことがあります。私はストレスを抱えやすいのか、職場の上司から指摘されるたびにイライラしてパソコンなどの電化製品を、クレジットカードのキャッシング枠を利用して購入したり、居酒屋でクレジットカードを利用して飲食していました。そのような生活を送っていたらクレジットカードの支払いで首が回らなくなり、生活に困った私は借金問題に強い弁護士に状況を説明しました。

そうしたら弁護士から任意整理したら状況が改善されますと言われ、任意整理を決意しました。弁護士が受任通知をクレジットカード会社に送ったのですが、そうしたらクレジットカード会社からの請求が来なくなり、ビックリするほど精神的に楽になりました。弁護士がクレジットカード会社と交渉してくれて、月の支払額を決めてくれたのですが、今までの半額以下となりその点でもビックリしました。

支払いが無事に終了した際に弁護士から、クレジットカード会社には迷惑をかけたのだから二度と今回のようなあやまちをおかなさないようにと言われ、本当にその通りだと思いました。今ではクレジットカードを使わずに快適に生活しています。